「安全」「安心」「製品管理」を大切にする会社

「安全」「安心」「製品管理」を大切にする会社

中古部品に対するイメージの中には、長く使い続けることが出来ないのではないか、新しい部品が入荷するまでのつなぎで使うもの。など前向きとは言えないイメージを持つケースもあります。ですが、中古部品もしっかりとメンテナンスを行い、不具合を起こすパーツを取り換えてあげることで、新品部品と遜色がない、安全で安心な部品と感じられます。ジャパンメインテナンスはこのような安全で安心できる中古部品の修理、メンテナンスを行っている会社ということです。

 

ジャパンメインテナンスが修理・メンテナンスを行う中古部品は、大型車両に欠かせない部品ということです。その中にはディーゼルエンジン用燃料噴射ポンプといった車両の心臓部に近い部品も含まれています。部品の不良によって動かないということがあっては困る部分ですよね。ジャパンメインテナンスはこのような困ったことが起こらないように、安全で安心できる製品管理という3つの事を業務において大切にしているということです。

 

ジャパンメインテナンスは丁寧に部品の修理・メンテナンスを行ってくれるために関東のカーディーラーや全国の自動車整備工場から多くの注文を受ける会社となっているということです。丁寧さ以外でも多くの注文が入ることには理由があるそうです。その理由というのが、ジャパンメインテナンスに依頼すれば手に入らないものは無いと言われるほど、多くの在庫を保有しているためだそうです。

 

大型車両の部品は非常に多くの物があり、メーカー、車種、年式などによっても、それらには違いがあります。多様な部品、多様な在庫が必要になります。ジャパンメインテナンスはさまざまな部品が取り揃えられているため、カーディーラーの注文や自動車整備工場からの注文にこたえられるようになっているそうです。どんなに技術力が素晴らしくても、欲しいものがないのでは注文のしようがありませんが、ジャパンメインテナンスなら高い技術力で整備されている必要なリビルド品やリンク品がある。と大きな期待を寄せられているようです。

 

ジャパンメインテナンスでは、平成26年2月にはパワーステアリングやオイルポンプ部品の修理を集中的に行うことが出来る工場が立ち上がり、全国規模で顧客が増えているようです。顧客が増えることでより多くの部品の取り扱いが可能になってくる可能性もありますよね。クラッチブースターやパワーシフト、ブレーキバルブ、エアードライヤーなどの取り扱いもあるということですので、もし部品がないことで困っている場合には、一度問い合わせをしてみることをおすすめします。