大型車両に欠かせない製品ならここに頼めばないものはない

大型車両に欠かせない製品ならここに頼めばないものはない

普通乗用車に比べると、大型車両は使用頻度が多く、部品の消耗なども激しいという特徴があります。そのため、こまめなメンテナンスが必要で、その都度不具合のある部品を調整、交換を行う必要が出てきます。ですが、場合によっては部品の供給が終了してしまっているというものもあります。このような時に頼りになるのが、ジャパンメインテナンスという会社です。ジャパンメインテナンスはディーゼルエンジン用の噴射装置をはじめ、パワーステアリング装置、ブレーキ倍力装置などの大型車両に欠かせない数多くの部品を取り揃えている会社です。

 

ジャパンメインテナンスは千葉県柏市にある会社ですが、高輪ヂーゼルのグループ企業の一つになっています。主に自動車部品の修理設備を専門としている会社ですが、大型車両に欠かせない部品類を幅広く取り扱っている会社で、ジャパンメインテナンスには無いものは無いと言われるほど、多様な部品を在庫があるそうです。そのため、関東のカーディーラーをはじめ、全国の自動車整備工場などから信頼を受けている会社となっているということです。

 

ジャパンメインテナンスの詳細はこちら

 

供給が終わってしまった部品だとしても、ジャパンメインテナンスであれば在庫を保有している可能性があるとも言われていますが、創業から10年程の会社に、どうしてそのような在庫があるのでしょうか。実はジャパンメインテナンスが取り扱っている部品は、リビルド品やリンク品といって、新品ではなく中古部品も数多くあります。中古部品であっても、部品を分解・清掃を行ったのちに不具合部分についてはパーツを交換し、再び組み上げて製品としているため、性能の面では不安がない中古部品になっています。

 

この中古部品をリビルド品やリンク品として販売するためには、高い技術力が必要です。ジャパンメインテナンスにはこれが可能な技術力がある会社となっているそうです。そのため、部品を交換したものの、不具合が直らないといった場合には、故障診断アドバイスを行うことも可能になっているそうです。

 

部品をたくさん持っている会社というだけではなく、しっかりと部品についての知識をもち、技術力もある会社です。だからこそ、多くのカーディーラーや自動車整備工場から信頼を寄せられる会社として成長できていると言えます。この先も供給が止まってしまった部品だとしても、ジャパンメインテナンスならある。と頼れる会社でありつづけることを期待したいですね。